読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケーキ屋ケンちゃん

運動会が近づいてきて、近くの小学校では予行演習が行われている。


BEGIN 島人ぬ宝 歌詞付 ビギン

BEGINのヒット曲「島人ぬ宝」の曲に合わせて太鼓を叩く音と、「いーやーさっさー」の合いの手の声が、噴水のように空に広がって、その水滴がやがて虹を見せてくれたら最高だなあと思う。
だが、残念なことにこの週末の天気予報はあまり良いものではなく、来週には台風18号が日本列島に接近する予報円を描いている。
特に小学生の頃には、同じ学年、いや同じ人類と思えないほど体格差のある場合がある。ただ、一般的には、小学校高学年頃は女の子の方が成長期が早く、逆転現象の時期である。
私が高校の頃、小学校の頃同級生で、その後その子は私立学校に進学したため長らく会うことはなかったのだが、あるときバスターミナルでバッタリ会ったことがある。
お互いに小学生のときのまま記憶が止まっているので「もっと大柄だったような。」などと思っていたら、向こうから「大きくなったねえ。」と声をかけてきたことを覚えている。
幼稚園や小学校低学年といった子供時代に、自分の周りで働いている子供はいなかったが、坂上忍さんは、4才の頃から芸能界で働いていて、しばらく見なかったが、最近大人になって、いわばカムバックとでも言おうか、バラエティ番組など数多くの番組の番組に出演して、フジテレビ系列のお昼の番組「バイキング」ではメインキャスターとして活躍しておられる。
歯に衣着せぬ発言ながらも、筋が通っている部分が多く、また大の犬好きであることもあってか、意外に視聴者に愛されているようだ。
自身が子役タレントであった体験から、芸能スクール・アーティストの発掘・育成プロダクション「アヴァンセ」キッズアクタープロダクションを開校。それと並行でネオモデルタレントスクールの特別講師も担当している


マルモのおきて。#6神回、神シーン

テレビドラママルモのおきてで有名な芦田愛菜さんは、3才から芸能界入りしたが、東京出身ではなく、なんと西宮出身である。
映画崖の上のポニョの歌がブレイクした大橋のぞみさんは藤岡藤巻と大橋のぞ


第50回日本レコード大賞 - 崖の上のポニョ

み」で『第59回NHK紅白歌合戦』にも出場したが、現在は芸能界を引退して、すでに高校生になったそうである。
現在君の名は。の声優としても活躍中の神木隆之介さんは、何と2才から芸能活動


【映画予告編】『君の名は。(your name.)』奇跡の大ヒット篇TVCM|監督/脚本/原作:新海誠、出演:神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子|Movie Trailer 45sec

を行っている。
その前にもジブリ映画千と千尋の神隠し」「借りぐらしのアリエッティの声優をされている。
出生当初は大病をしており、「助かる確率は1%だったらしい」と本人は語っている。母親が生きている証を残したいとセントラルグループセントラル子供タレントへ入団させたのが芸能界に入るきっかけである。
子役の場合、どうしても「子役」としての寿命が短い。
次から次へと新人が登場してくる上、本人が成長してしまう。
特に、男の子の場合には「声変り」というものがある。
「子役」とは言えないかもしれないが、ウィーン少年合唱団は、声変りまたは14才で退団となる。


花は咲く ウィーン少年合唱団

音域として、「ソプラノ」と「アルト」の設定しかないためである。
あの透明感のあるコーラスの世界観を守るための厳格な決め事であろう。

私の子供の頃の子役と言えば、何といっても「ケンちゃん」シリーズでお馴染みの宮脇康之さんであろう。
現在は宮脇健の芸名で活動されているが、以前は本名の康之さんで活動されていた。
1961年東京生まれの宮脇さんは、3才のときに山田洋二監督の「運がよけりゃ」でデビュー。


ケンちゃんOP1

1967年の「チャコねえちゃん」から宮脇さんはブレイクして、以降「フルーツケンちゃん」までのケンちゃんシリーズに出演した。
「フルーツケンちゃん」のときにはすでに中学三年生となっていたので、次作である「パン屋のケンちゃん」からは岡浩也さんが「二代目ケンちゃん」となる。
「あの人は今」といったコーナーにしばしば登場して、最近は講演会なども開催している。


不世出の天才子役 宮脇康之

しかしここまで来るまでに、かなり壮絶な人生を送っている。
テレビでの活躍とは裏腹に家庭の崩壊、兄の自殺未遂、そして保証人になったことによる多額の借金と苦難に満ちた人生である。
子役からの脱却を目的ににっかつロマンポルノに出演したり、吉本興業チャンバラトリオのひとりであるゆうき哲也さんに弟子入りして、吉本新喜劇に出演したり、
沖縄に移住して地上げ屋を営みながらローカルタレントになったりと激しいものであった。
2004年1月に、自叙伝『ケンちゃんの101回信じてよかった』を出版した。
子役としての全盛期である「ケンちゃんシリーズ」の中での宮脇さんは、小さな身体で家業をかいがいしく手伝うというのが大きなテーマとなっていたように思う。
いわゆる「超いい子ちゃん」なのである。
多かれ少なかれ、大人になっていくときには、若さがゆえの反発や、自分だけの秘密を持ちながら成長していくものである。
よく大ヒット役のあとは、イメージチェンジを図ることが非常に難しいと言われる。人生のイメージを作り上げられてしまった宮脇さんが、そのイメージチェンジを図ることがいかに困難であったろう。
特に、子役の将来をどうしていくのかのノウハウがあまりなく、高度成長期の当時の日本においては、テレビの前の「ケンちゃん」は国民の理想の子供として確立してしまった。
事実、私も親から「お前もこんな風な子供になれ。」と冷やかされていた記憶がある。
どうか、今、そして将来登場してくる子役の方々が、一般人と全く同じとはいかないまでも、もう少し平穏に大人になっていっていかないものか。