読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コッキーポップ

列車 旅行 日記 音楽

コッキーポップ
先日、静岡県掛川市にあるヤマハリゾートつま恋が営業を終えるというニュースが飛び込んできた。


つま恋WPCM2016

施設の老朽化や経営状態の悪化が主な原因とのことだが、その発表に衝撃を受けた方は多いと思う。
私は現地を訪れたことはないのだが、シンガーソングライターの聖地だ。 
若い頃ラジオで「コッキーポップ」という番組が放送されていて、私もリスナーのひとりだった。
ヤマハがスポンサーであり、「つま恋」の宣伝や、「ポピュラーソングコンテスト通称ポプコンでの優勝作品を流したりしていた。
今でも円広志さんの「夢想花」や世良公則&ツイストの「あんたのバラード」、クリスタルキングの「大都会」など名曲揃いである。
司会を勤めていたのは大石吾朗さんで、番組の初めの頃に流れる
「黙っていれば友達になれない、叫ばなければ消え去ってしまう。私たちが生まれてきた時から育ててきた何かを伝えあうために、ちぎれかけた世界の心と心を繋ぎ合うために、私たちの歌が今 ここにある」というセリフは「懐かしいなあ。」と思う方も多いと思う。
ポプコンでの優勝者は、「世界歌謡祭にも出演が約束されていた。
我々の年代のことをポプコン世代」と呼ぶ人もいるようだ。
因みに、大石吾朗さんはもともとミュージシャンである。
寺内タケシさんと一緒に活動していたギタリストだ。
おそらく番組を担当するのに、これ以上の人はいないと言っていいだろう。
私がこのニュースを聞いたとき、「ひとつの時代が終わったな。」という感じだった。
最後に、「コッキーポップ」の中でもよく流れていた名曲、中島みゆきさんの「時代」の詞の中の一節。

   回る回るよ 時代は回る
   喜び悲しみ 繰り返し


中島みゆき「時代 Time goes around 2016」[The みゆき Special Edition]【HD】

きっと別の世代の方も、いや世代に関係なく、いいことも悪いことも含めて様々な思い出を作り、育んでこられたことだろう。
形を変えて、歴史は繰り返される。