読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月とうさぎ

列車 旅行 日記 音楽

月とうさぎ
今朝は湿度が低く、爽やかな朝だ。
窓を開けてみると赤とんぼが数匹飛んでいるのが見えた。
秋の訪れと呼ぶにはまだまだ早いが、着実に近づいているのは何となく分かる。
今夜の満天の星空と鮮やかな月の光を予感させる。


赤とんぼの唄 あのねのね 2005

赤とんぼの言葉から、ふとあのねのね「赤とんぼの唄」を思い出してほくそえんでいる自分がいた。
月にうさぎが住んでいるという伝説は、月の影がウサギに見えたからだ。      影は月のくぼみ、つまりクレーターである。
今なら天体望遠鏡もあるし、なにせ人間が実際に月に行っているから、とてもうさぎが住める環境ではないことも知っている。
日本では、「うさぎの餅つき」だが、海外では「本を読むおばあさん」であったり「ライオン」だったりする。
月を題材にした歌は枚挙に暇はない。
ビートルズの曲に「ビコーズ」という曲がある。                 


【Art】The Beatles ~Because~(和訳付)

この曲のメロディは、ベートーベンの「月光」の譜面をジョンレノンがふざけて逆さにしたものを、オノヨーコがそのまま弾いたメロディがヒントになったと言われている。
この曲は、ハープシコードから始まり、次にギターが加わり、最後にコーラスが重なってくるというイントロで、途中ジョージハリソンの奏でるシンセサイザーがホルンのような響きで、まるで夜空に響く悲しみのクラクションのようで、全体的に哀愁を帯びており、美しいというより崇高な感じさえする。                  そもそもこの曲が収録されているアルバム「アビーロード」全体を通してある種の哀愁が漂っている。
インターネットを紐解けば、月を題材にした曲は数え切れないほどのラインナップで、また洋の東西を問わず検索される。


ポルノグラフィティ アポロ

ところでポルノグラフィティの「アポロ」という曲の中に
   

   『僕らの生まれてくる ずっとずっと前にはもう
    アポロ11号は月に行ったっていうのに』

という歌詞がある。
私はリアルタイムでアポロ11号が月に行っているのを、テレビなどで見ていた世代である。


浅間山荘事件


アポロ11号 打ち上げ・月面着陸 地球の出 Apollo 11, Moon landing

当時は毎日学校に行くと、浅間山荘事件と、アポロ11号の月面着陸の話題で持ち切りだった。
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」はアームストロング船長のあまりにも有名な第一声である。
大阪では、灯りが多くなかなかきれいな星空を望むことは期待できない。
そもそも私は、「これが天の川」というようなくっきりとした記憶がない。
あるとき久しぶりに小海線に乗るチャンスがあった。
甲斐大泉にあるペンションを予約したが、そのとき電話口からは「街灯がほとんどなくて、駅からの徒歩は危ない。」というようなことを言われたのを覚えている。
部屋の窓から眺めた星空は、金子 みすゞの「星とたんぽぽ」の一節を思い出す。

   

    『昼のお星は目に見えぬ
     見えぬけれどもあるんだよ、


非破壊検査株式会社 CM 金子みすゞ「星とたんぽぽ」60秒

     見えぬものでもあるんだよ』